コンセプト



①太陽と緑の会は、障害者地域共同作業所等(2箇所)と共同生活棟の運営、リユース・リサイクル活動(環境保全活動)、青少年育成・人権教育・社会教育活動、福祉事業団としての支援活動など、様々な側面を持つ、有機的、多面的な活動を行っています。


②作業所の運営費など公的資金(税金)を、年間970万円頂いておりますが、私たちの活動を一般的な障害者支援に換算すると約5000万円、ゴミ処理は約1900万円、支援事業が約100万円、青少年育成・人権教育・社会教育活動は約600万円のコストが必要となります。経済的な側面だけで見ると970万円の公的資金で、7600万円の活動を行っていることになります。




③一般市民の方々の支えを頂き、様々なハンディーを持ったメンバー達がそれなりに頑張り、いろいろな形でボランティアの方々のサポートがあり、それを行政が後押しすることで、ここでの活動が成り立っています。まだ日本では大変珍しい活動ですが、日本の次世代型ソーシャルアクションモデルになると考えています。

コンセプト |  設立趣意書 |  事業内容 |  機関誌バックナンバー |  パンフレット |  沿革 |  店内MAP
鮎喰川クリーンアップCO2削減エコハウス自然循環システム活動風景(動画)会員・メンバー紹介新聞連載記事