最新情報 RSS
 全 90 件中 [46-60件目]
2021/08/14今日から活動スタート
2021/08/03代表通信~休みが多くなった
2021/08/02映画会の寸評②
2021/07/31事務局通信~アフターワクチンの時代⑥
2021/07/30映画会の寸評
2021/07/30事務局通信~オリンピックが始まって
2021/07/26第2回柳澤監督映画上映会
2021/07/24徳島新聞で紹介して頂きました
2021/07/20事務局通信~アフターワクチンの時代⑤
2021/07/19事務局通信~熱中症の季節
2021/07/16FMラジオで紹介
2021/07/15事務局通信~アフターワクチンの時代④
2021/07/15ブルーベリージャム頂きました
2021/07/10事務局通信~アフターワクチンの時代③
2021/07/09ドキュメンタリー映画上映会
投稿日:2021年08月02日

映画会の寸評②

「第2回柳澤壽男監督福祉ドキュメンタリー映画会報告パート3」通信 R3.7.31
「夜明け前の子どもたち」の上映会を藍住町総合文化ホールで行うことが出来ました。上映にあたって、元北島町創生ホール館長小西さんにトップバッターでお話いただき、終わりの締めで、私が重症心身障害児の歴史について少しだけ触れました。
「びわこ学園」を立ち上げた糸賀一雄は旧制松江高校時代にクリスチャンに、「島田療育園」を作った小林提樹は慶応医学部在学中、長野での結核療養中に聖書と出会います。
草野熊吉は17歳で関東大震災に罹災し、助けられたアメリカ人宣教師の影響でスラム街の救貧活動から「秋津療育園」設立と繋がります。私は無から有を作るエネルギーには宗教的背景の存在を指摘しましたが、あれから60年経った今、鳴潮コラムニストは、制度やハード面は各段の違いがあるにもかかわらず、津久井やまゆり園事件での犠牲者19人のうち、鎮魂碑に7人しか刻まれない名前に、変わらない差別と偏見の深さを見つめています。(杉)
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会