最新情報 RSS
 全 90 件中 [21-30件目]
2020/08/15後半の活動スタート
2020/08/04定休日・夏季休業のお知らせ
2020/08/04事務局通信~「気を付ける」ということ
2020/07/31ファンケルグループの皆様からご寄付
2020/07/303密に強い建物~新鮮な空気を取り込んでいます
2020/07/26機関誌189号発行
2020/07/25事務局通信~レジ袋有料義務化から3週間
2020/07/10事務局通信~パンの販売 一度限りの復活
2020/07/10事務局通信~伝えることの功罪
2020/07/10太陽と緑の会からの助成 第52回(from 1993)
投稿日:2020年05月16日

事務局通信~緊急事態宣言解除その2

低気圧の接近・通過の影響で、昨晩から雨が降り続いていましたが、昼過ぎには降りやみました。
「今まで外出を自粛していました」と、1か月ぶりにお越しのお客様もおられました。
緊急事態宣言が解除されたことで、少しずつ人の動きも変わってきているのかもしれません。
車の交通量も増えてきた感があります。
学校も来週木曜日には再開されるようです。
感染拡大の不安を持ちつつも、ホッとされている方は少なくないかと思います。

新型コロナウィルスの感染拡大防止と経済活動とのバランスの取り方は難しいと思います。感染拡大を「完全に」止めようとするならば、経済活動を「完全に」止める、あるいは国民一人一人の動きを「完全に」管理するしかないでしょう。しかし、それは現実的ではありません。

すべての人にとってベストなバランスは存在しません。収入が保証されている方や収入が減少しても生活に困らない方とそうでない方、健康に不安がある方とそうでない方、子供や高齢者の方と同居している方とそうでない方、それぞれの置かれている立場によって望ましいバランスは異なります。
その結果「もっと外出自粛や休業要請を強化すべきだ」という方もいれば「一刻も早く経済活動を再開してほしい」という方もいるでしょう。
「命は何よりも大切」ということはもちろんのことですが、命が失われるのは新型コロナウィルスへの感染に限った話ではありません。外出自粛や休業要請などが引き金となって命を失われる方もおられます。

都道府県によっても望ましいバランスは異なるでしょう。今回、都道府県知事にしばしばスポットが当たりましたが、地方独自のかじ取りや報道のあり方が問われるようになるかもしれません。

>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会