最新情報 RSS
 全 90 件中 [11-20件目]
2020/05/08事務局通信~例年の半分以下という厳しい状況が続いています
2020/04/20事務局通信~細々とですが、活動継続させて頂いております
2020/04/18事務局通信~緊急事態宣言
2020/04/07事務局通信~covid-19予防のため
2020/03/30機関誌188号発行
2020/03/27自家製のキムチ頂きました
2020/03/27新年会報告(2月3日)
2020/03/27定休日のお知らせ
2020/03/27見学に来られました
2020/03/27食料品を頂きました
投稿日:2020年03月27日

見学に来られました

「大阪からの見学」通信  R2.3.9
四国学院大学の富島先生の案内で、廣木道心さんとヒロキテルミさん、そして娘さん息子さんの4人連れが、3月7日午前中に来所されました。
表に「支援介助法協会」裏に「国際護道連盟」と書かれた名刺に、チンプンカンプンです。
話を聞くうちに「たとえば、ハンディーを抱えたメンバーがパニックになった時に、本人もこちらもケガをせずに収まるようにするための防御方法を中心に、支援介護のあり様を模索している」そんな言葉にまとまりました。
武道家でもあり、ハンディーある子供の父親でもある廣木さんの歩んできた道が、この言葉に表されているのだろうと思いました。
そして、奥様のテルミさんが編集出版された雑誌「Nagomisutoなごみすと」をいただきました。90分が、あっと言う間に過ぎ、昼食ランチは(社福)ハートランドあっぷるで、とのことでした。(杉)
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会