最新情報 RSS
 全 120 件中 [16-30件目]
2022/09/16代表通信~障害児分離教育の中止と精神科強制入院廃止
2022/09/09食料品頂きました
2022/09/09おおたか静流さんご逝去
2022/09/05お米を届けました
2022/08/29子ども食堂にお米と梅干を届けました
2022/08/29太陽と緑の会からの助成 第57回(from 1993)
2022/08/14柳澤監督映画上映会
2022/08/13後半の活動スタート
2022/07/30事務局通信
2022/07/29代表通信~ハートランドあっぷるの想い
2022/07/24ビスコ頂きました
2022/07/17定休日・夏期休業のお知らせ
2022/07/16事務局通信~3度目の夏
2022/07/14頂いたお菓子や飲み物の行方
2022/07/10機関誌197号発行
投稿日:2022年08月29日

子ども食堂にお米と梅干を届けました

「クレエール子ども食堂にお米と梅干を届けました」通信 R4.8.29
「余った玄米です。そちらで活用して下さい。」
そんな有難い言葉から集まった玄米150キロを精米し、頂いた梅干しも一緒に、NPO法人クレエールが行っている子ども食堂に届けました。
「新型コロナ禍での貧困家庭支援としては、お米が一番喜ばれます。1人3合のお米を袋に詰めて配送支援もしています。」
原田理事長の言葉です。配送支援は食料を配るだけでなく、お母さんや子供たちとの会話も必要とのこと。やはり人間力が試されるのでしょう。子供支援事業としてお風呂や子供学習室や食堂など、新規事業展開もスタートされました。
「親ガチャ」という言葉が流行る今日この頃、格差が拡がり自助努力が優先される日本。生まれ落ちた家庭の状況で将来が決まるとすれば、日本に生まれたくないと思う子供がいても不思議はないでしょう。
それは「障碍」も同じでしょう。そして両方の困難さを抱えたときの、さらに厳しい現実も随分見させてもらいました。絶望的にもなりますが、それでもせっせと生きる姿から、こちらも多くの事を学びます。(杉)
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会