・地域活動支援センター 太陽と緑の会 リサイクル作業所
住所 徳島市国府町南岩延107-1
電話 088-642-1054
FAX 088-642-1054
通所対象 3障害の方が利用可能(身体障害、知的障害、精神障害など)

 通所手続き、見学・体験実習につきましては、当作業所までお問い合わせ下さい。
 保護者会費、施設利用料などの費用は頂いておりません。公的資金で運営される個別給付事業とは違い、障害者総合支援法の利用料負担も頂いておりません。昼食費、傷害保険料のみ、実費を頂きます。

基本方針

 様々なハンディを持つ方の、働く場、社会参加の場、日中活動の場となることを考えています。
一人一人が一般市民の方々との日常的な関わりの中で、自分にできることを役割として担い、その人なりに立って行くことをサポートします。
 地域社会に根ざした品物・資源ごみのリユース・リサイクルを作業として行い、個々の適性、力量に合わせて多種多様な作業を分担しています。通うだけで精一杯の方にも取り組める作業のスペースもあります。

運営体制

昭和59年8月開所
定員 19名
設置・運営主体  特定非営利活動法人 太陽と緑の会
職員体制  所長1名 専任指導員1名
建物
  ①作業場・店舗兼事務所2階建延面積456u
  ②作業場・倉庫2階建延面積480u(借用)

車: 県道30号中鮎喰橋西詰から50m土手下。赤の看板あり。駐車場あり。

バス:「岩延」(徳島バス・覚円線(日開経由))から徒歩3分 「上鮎喰」から徒歩20分

JR徳島線鮎喰(あくい)駅から徒歩15分

作業について

開所時間 10時〜19時(水曜日、第2・第4火曜日、祝日休み)
作業内容 品物・資源ゴミのリユース・リサイクル活動全般

@一般家庭からの品物の回収
A品物のお持ち込みへの応対
(品物の受取 持込みカード記入受付 
機関紙お渡し)
B品物の仕分け
Cリユース品(商品)の洗浄・磨き・包装・値札付け(一部衣料品の値段付け)・陳列・入替
D店内整理・清掃・床ワックスがけ
E接客・売場案内
Fレジ(簡単な受付業務を含む)
G電話(お名前と電話番号をお聞きする)
H資源ゴミの回収・選別・積込

通所日、作業時間、作業内容は、本人と相談の上、それぞれの適性、力量、状態に応じて個別的に決定します。

1日の流れ
10時 朝礼 開店 掃除 作業開始
 (作業中の休憩は随時行います)
12時 食事・休憩
 (作業状況により前後することもあります)
19時 閉店 




作業工賃
 作業工賃は時給及び作業時間によって算出。時給金額は時給ミーティングにより決定します(平成28年度実績 時給100円〜716円)

通所方法
 徒歩もしくは、交通機関(JR、バス)、自転車・バイク・自家用車等を使用して、自力で通所します。

作業所の特徴
運搬、仕分け、商品陳列、整理、清掃、接客など、幅広い種類の作業があり、一般就労に近い環境での作業も経験できます。
(自分のペースでゆっくり取り組める内職的作業もあります)
市民の皆様との日常的な関わりや時給ミーティング等で、社会性や自主性を身につけます。
20才から67才まで、幅広い年齢層の方が通って来ています。

活動の歩み
昭和59年8月 徳島市入田町月ノ宮の旧豚舎にて、徳島県で最初の小規模作業所として、太陽と緑の会リサイクル作業所開所。
昭和60年5月 徳島市東大工町に初の常設店舗「スターダスト」オープン。
昭和61年7月 旧市役所仮庁舎を皆様のご支援で徳島市国府町に移築し、店舗兼作業場とする。
平成12年5月 設置運営主体がNPO法人化
平成17年2月 作業所兼店舗建物が火災により全焼。同敷地内の作業場兼倉庫で作業所としての活動を継続。 
平成18年4月 日本全国5000人を超す市民の皆様方のご支援により、作業所兼店舗建物が再建。
平成18年10月 地域活動支援センターへ移行




・障害者地域共同作業所 太陽と緑の会 月の宮作業所
住所 徳島市入田町月ノ宮227-39
電話 088−644−0171
FAX 088−644−0171
通所対象 3障害の方が利用可能(身体障害、知的障害、精神障害など)

 通所手続き、見学・体験実習は、事務局(088-643-1054)までご連絡下さい。
保護者会費、施設利用料などの費用は頂いておりません。公的資金で運営される個別給付事業とは違い、障害者総合支援法の利用料負担も頂いておりません。昼食費、傷害保険料のみ、実費を頂きます。

基本方針

 徳島市郊外で緑に囲まれ、鳥のさえずりと好きな音楽をBGMに、ゆったりとした雰囲気の中、様々なハンディを持つ方の、日中活動の場、社会参加の場、働く場として、その人なりに立っていくことをサポートしています。
昼食も自分たちでメニューを決め、調理、後片付けまで主体的に行っており、通ってくるだけで精一杯の人でも、生活トレーニングの一環として利用できます。


運営体制

平成12年7月開所
定員 10名
設置・運営主体
 特定非営利活動法人 太陽と緑の会
職員体制
 所長1名 指導員1名
建物
 ①作業棟平屋建 面積132u
   敷地面積 4799u

沿革
 平成12年7月 障害者地域共同作業所「太陽と緑の会月の宮作業所」を開所。

車:入り口に赤の看板あり。
バス: 「入田」から徒歩20分
   (徳島バス・神山線)
   (徳島市バス・入田 天の原西方面)

作業について

開所時間 9時30分〜16時
 水曜日、第2・第4火曜日、祝日休み
 (通所日、作業時間は、本人と相談の上、それぞれの適性、力量、状態に応じて個別的に決定します。)

作業内容
①自転車リサイクル
 自転車回収、パーツ交換、磨き、ワックス掛け、解体・パーツ取り・資源リサイクル、販売

②昼食作り
 月の宮作業所で作った農作物なども使用し、メニューの決定から調理、配膳、後片付けまで

③農作業


作業工賃
 作業内容に応じて設定した時給に基づき、作業時間によって算出します。

1日の流れ
9時30分 作業開始
 (月の宮作業所に直接通所の場合)
9時45分 太陽と緑の会事務局に集合。ワゴン車で太陽と緑の会月の宮作業所へ移動し、作業開始
12時 食事・休憩
16時 作業終了。ワゴン車で太陽と緑の会事務局へ移動


通所方法(2通りあります)
①月の宮作業所へ直接通所
②太陽と緑の会事務局(徳島市国府町)へ通所し、月の宮作業所まで作業所のワゴン車で送迎

 いずれも、徒歩もしくは、交通機関(JR、バス)、自転車・バイク・自家用車等を使用して通所します。




[ トップページへ戻る ]