最新情報 RSS
 全 90 件中 [11-20件目]
2019/08/23梨を頂きました
2019/08/22事務局通信132~お客様にタメ口
2019/08/20徳島北高校の皆様が体験ボランティア
2019/08/18徳島新聞にてリレー形式のコラム掲載
2019/08/16後半の活動をスタートしました
2019/08/16地元中学生 職場体験
2019/07/26代表通信~松下照美さん来所
2019/07/21代表通信~光回線の故障
2019/07/19定休日・夏期休業のお知らせ
2019/07/19夏エコスタイル感謝セール
投稿日:2019年04月08日

代表通信~東日本大震災

「東日本大震災から8年」通信 H31.3.11
8年前、前触れもなく東日本大震災が起こりました。インフラ等復旧出来たところもありますが、いまだに傷跡は深く、原発関連事故を考えると途方に暮れます。ただ絶望的な気持ちは気持ちとして横に置き、やれることをやろうと、8年前から宮城県仙台市の(社福)ありのまま舎へ被災地難病障害者支援を始めました。今日63.680円を送金し、太陽と緑の会福祉事業団として合わせて2.179.413円、おおたか静流チャリティーコンサート等で1.847.322円、合計4.026.735円の支援ができました。日赤徳島県支部を通しての188.780円を含めると総合計4.215.515円となります。
3月16日に「県南ありのまま舎」の開所記念会が宮城県亘理町にて行われます。宮城県で一番被害の大きかった岩沼・亘理地区に、ありのまま舎が長き支援を考えて、県南エリアコミュニティ地域生活支援拠点を作りました。
「・・多機能拠点型施設事業として難病や障害を持った方々の日中活動、在宅支援、訪問看護、施設入所等、その方が選んだ生活の場を支援して参ります。また地域の方々がいつでも誰でも利用できる地域の拠点を担って参ります。そして基幹相談支援センターを設置し・・」と案内に書かれています。これからが大変になるでしょう。細く長くしぶとく寄り添われることを、徳島より願っています。(杉)
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会