最新情報 RSS
 全 90 件中 [11-20件目]
2019/05/10徳島新聞にてリレー形式のコラム掲載
2019/04/25事務局通信127~相談支援と現場
2019/04/18代表通信~2011年4月13日を偲ぶ
2019/04/1813周年感謝セール開催します
2019/04/12定休日・GW休みのお知らせ
2019/04/08代表通信~竹のフェンス
2019/04/08代表通信~太陽光発電モニター
2019/04/08水菜と甘夏頂きました
2019/04/08代表通信~東日本大震災
2019/04/08事務局通信126~おいでおいで
投稿日:2019年03月03日

作業所連絡協議会研修会

「徳島県障害者地域共同作業所連絡協議会研修懇親会」通信 H31.3.3
3月2日(土)午後からホテルサンシャインアネックス3Fにて、県内作業所事業所(今回20か所が参加)の研修懇親会が行われました。
映画「夜明け前」~呉秀三と無名の精神障害者の100年~(2018年監督今井友樹)を見た後、四国学院大学社会福祉学部・富島喜揮教授のお話を聞かせて頂きました。

今から100年前、精神科医呉秀三は「我が国十何万の精神病者は実にこの病を受けたる不幸の外に、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし。精神障害者の救済・保護は実に人道問題にして、我が国目下の急務と謂わざるべからず」の言葉を残しました。その軌跡を映画にした「夜明け前」は、今もその底流に横たわる日本の状況を私たちに突き付けます。

富島先生には「〝あたりまえ“にやろうや」と題して、若き頃精神病院のPSWとして勤務されておられた体験もふまえて講演頂きました。「配慮という差別」「PSWとして編み出した“必殺技三態”」など、本ではお目にかかれない腑に落ちる話は、40名を超す皆さんの心にしっかり残ったようです。
「・・“ありがと返しの技”“先生返しの技”“相談返しの技”を駆使し、特に職員に求められるのは“相談返しの技”の考えに基づく実践です・・」と語る富島教授の言葉の深さとリアリティを想います。こんな話の出来る社会福祉の専門家が希少価値という現在の貧困を感じつつ、懇親会は積もる話に時間を忘却しました。(杉)
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会