最新情報 RSS
 全 90 件中 [11-20件目]
2018/10/05代表通信 テントひっくり返る 台風の置き土産
2018/10/04機関誌182号発行
2018/09/29事務局通信118〜4年目の夏
2018/09/29月の宮通信~栗の木折れた 台風21号の置き土産
2018/09/29熊本のお米 頂きました
2018/09/29代表通信~送迎用車両のストップランプ交換
2018/09/29事務局通信117~ポンプ交換 台風21号の置き土産
2018/09/29代表通信~月の宮作業所床張り
2018/09/09事務局通信116〜JYVAの足跡
2018/09/09「そっちやないこっちや」映画上映会報告
投稿日:2018年03月18日

事務局通信108 昭和レトロ


女性のお客様がレジのメンバーのAさんと話をしています。
「備品なので販売できない、と言われたのですが…。販売される可能性はあるでしょうか。あるとしたら、いつ頃になりそうでしょうか。」
売場でディスプレイ用に使用していたレトロで味わいのあるリユース品のちゃぶ台。
とても気に入られたご様子だったので、家具担当スタッフと相談し、販売させて頂くことにしました。

今日は海外からのお客様が何組もお越しになりました。
レトロなテーブルなどを買って帰られました。

かつては「古い」と言われて粗大ごみに出されていた品物たち。
今は「昭和レトロ」と言われてスポットが当たるようになりましたが、この流れはずっと続くのでしょうか。
それとも、一時の流行で終わってしまうのでしょうか。
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会