最新情報 RSS
 全 90 件中 [11-20件目]
2018/10/19第9回おおたか静流チャリティライブ
2018/10/16県職員NPO法人短期体験研修
2018/10/14事務局通信121~50円食器で神山のアート
2018/10/12事務局通信120~寒くなりました
2018/10/11事務局通信119~12年の積み重ね
2018/10/11徳島新聞折り込み情報誌のSALALAで紹介
2018/10/05代表通信 テントひっくり返る 台風の置き土産
2018/10/04機関誌182号発行
2018/09/29事務局通信118〜4年目の夏
2018/09/29月の宮通信~栗の木折れた 台風21号の置き土産
投稿日:2018年02月04日

事務局通信103 メンバーの存在感

朝から降り始めた雪も小止みになってきました。
駐車場路面の凍結はありませんが滑りやすくなっているので、皆様お越しの際はお気をつけて下さい。

売場のレイアウト変更を昨年10月から少しずつ行っています。
ひとつでも多くの品物がもう一度誰かに使って頂けるようになり、同時にそこが様々なハンディを持ったメンバー1人1人の活きる場所となるように、品物のお引き取りの形から、仕分け、値段付け、陳列、販売に至るまで、模索の日々です。
1人、2人抜けても代わりの人材がすぐに補充できる大きな組織とは違い、いつもバタバタしてはおりますが、そういうときに、メンバー1人1人が日頃眠らせていた力を見せてくれる瞬間があることも確かです。
「支援する側される側」という固定的な関係の中からは生まれにくい、彼ら彼女たちの存在感を、少ないスタッフで切り盛りしている日常の中で、感じさせて頂いている今日この頃です。
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会