最新情報 RSS
 全 90 件中 [11-20件目]
2018/10/19第9回おおたか静流チャリティライブ
2018/10/16県職員NPO法人短期体験研修
2018/10/14事務局通信121~50円食器で神山のアート
2018/10/12事務局通信120~寒くなりました
2018/10/11事務局通信119~12年の積み重ね
2018/10/11徳島新聞折り込み情報誌のSALALAで紹介
2018/10/05代表通信 テントひっくり返る 台風の置き土産
2018/10/04機関誌182号発行
2018/09/29事務局通信118〜4年目の夏
2018/09/29月の宮通信~栗の木折れた 台風21号の置き土産
投稿日:2017年09月16日

事務局通信93 水が噴き出してきた


奥の倉庫で電化製品の値段をつけている所に、メンバーのAさんが来ました。
「(スタッフの)Yさんが呼んでいる」
少し慌てた様子です。
Aさんと一緒に新館に行くと
「蛇口(栓)をひねったら、水が噴き出してきました」
「(どうしたらよいか分からないので)とりあえず、使用禁止にしてあります」
とスタッフのY。

台所流し台の自在水栓のバルブをひねると、パイプの接合部から水が上に噴き出してきました。
レンチでパイプを外してみると、根元に2センチくらいの亀裂が入っています。
奥の倉庫からリユース品のパイプを持ってきました。このような時に備えて保管しています。
パッキンに異常がないことを確かめた上で取り付けます。
バルブをひねり、水漏れがないことを確認して完了です。
 
「あ、直った」
Aさんが早速、蛇口から水を出して使い始めました。
>>トップへ戻る
特定非営利活動法人(NPO法人)太陽と緑の会